床の上にフトンを敷いたらカビ発生

トラブル発生!洋室で寝始めたら布団にカビ

洋室に布団の組み合わせはカビ注意

 

私たちは30代の夫婦で、賃貸マンションに二人で住んでいます。
結婚してからずっと「畳の和室で布団を並べて敷く」という昔ながらのスタイルで寝ていました。

 

ですが、ある時、夫の私の方から「隣の部屋で一人で寝てもいいかな?」と切り出しました。

 

というのも、私は読書が趣味なので「布団に入ってから眠るまでの時間を本を読むのに使いたい」という前々からの希望があったのです。

 

これまでだと、先に妻が寝て電気を消してしまった場合、後から寝る私は、わざわざ電気をつけてまで読書はできませんでした。
しかも大抵は私の方が後から寝る日が多かったので、私の読書の時間が確保できないことが少しストレスになっていたのです。

 

そういった事情や経緯を妻にきちんと説明して、少し反対もされましたが、何とか理解してもらえました。
そして、私は次の日の月曜日の夜から隣のフローリングの洋室に移って寝ることになったのです。

 

ですが、
「読書の時間が確保できる!」
と喜んでいた私に、まさか「カビ問題」が発生するなんて、この時は知るよしもありませんでした!

 

 

※ちなみに、布団で読書しながら眠る時は、電気はタイマー付きであることが必須です。
このスタイルにすると本を読みながら自然とオチルことができるので、布団に入ってから寝付けないということが無くなります。
ちょっと寝付けなくて不眠っぽい時にも効果的な方法です。

 

洋室で寝始めて2日後に湿気を感じる

フローリングの洋室に布団セットを運んで、寝始めて2日目の朝。

 

布団をたたんで部屋の端に寄せておこうと折りたたんだ時、敷き布団がジットリと湿っていることに気がつきました。
そしてフローリングの方も結露して、ジメッっとなっていたのです。

 

その時は2月初旬。
1年で最も寒く気温も低い季節です。

 

「たくさん汗かいて、部屋の湿度が高くなってしまったかな?」
と、その時は軽く考えただけで、すぐに湿気のことは忘れてしまいました。

 

1週間と経たずに大量のカビ発生!

その後、朝の忙しさのせいか、布団をたたむ時も湿気のことには気がつかず週末をむかえました。

 

そして土曜日の朝。
布団をたたむ時に、再び敷ふとんの下が、大量に湿気でジメジメしていることに気がつきました。

 

「これはやはり何かがおかしい!!」
私はようやくと、何らかの問題が起こっていることを認識しました。

 

そして、敷ふとんをジックリと見てみると。。。
「ウギャー!」
「カビだらけ!!」

 

1週間も経たずにカビが発生

 

部屋を変えてから1週間も経っていないのに、敷ふとんにカビが生えるなんてショックでした。

 

原因は何?

最初は何が原因かわからず、

  • この部屋の換気が悪いのか?
  • 布団が悪いのか?
  • 自分の寝汗が悪いのか?

と、色々なことを考えました。

 

ですが、畳の和室で同じ布団で寝ていた時は、何も問題が起こっていなかったのです。
それにも関わらず、洋室に移って1週間で異変が起こったということは、やはり一番アヤシイのは、この部屋です。

 

試しにネットで、

  • 洋室 布団 カビ
  • フローリング ふとん カビ

などと検索してみたら、出てくる出てくる!

 

過去に同じような悩みを持った人が、たくさん情報を発信していました。
どうやら、これは「よくある問題」だったのです。

 

「よくある問題」ということで、既に対策方法も出ているだろうと思い、私はさっそく解決策を探し始めました。

 

検討した解決策の詳細

スポンサード リンク