お手入れ簡単な敷パッドがお勧め

シーツをやめて敷パッド

敷パッドのすすめ

 

洋室で寝始めて敷布団をカビさせてしまってからは、西川のニュードライウェルを使い始めたとは言え、こまめに布団を干してシーツも週に1回は洗うようになりました。

 

ですが、この習慣を始めてから、非常に厄介な存在になったのは「敷き布団のシーツ」です。

 

私が使っていたシーツは四隅を覆いかぶせるタイプで、
面倒なヒモなどは付いていませんでしたが、週1で洗濯して干すことを考えると、この従来のシーツに対して私は2つの欠点があると感じました。

 

従来のシーツの欠点

 

それは、

  1. 取り外しが面倒
  2. 洗った時に、なかなか乾かない

という2点です。

 

取り外しが面倒

敷き布団を天日干しする時に、朝シーツを取り外して、夜になったらまた取り付ける。
この作業が非常に面倒に感じました。

 

この作業のせいで、布団を干すのが「おっくう」になってしまうほどです。

 

私は布団を干すことを習慣化するためには、もっと簡単にシーツを取り外しができて、面倒を一切感じないようにする必要性を感じ始めました。

 

洗った時に、なかなか乾かない

さらに従来シーツの致命的な点というのが、洗ってもなかなか乾かないことです。

 

シーツの四隅の部分が夏でも乾きづらいですし、冬の曇の日なんかに洗ってしまった日には、夜までに乾かないので、室内で頑張って乾かす必要があります。

 

そもそも、この欠点が理由で以前は月に1回くらいしか洗っていませんでした。
週に1回は洗うとなると、ここも改善する必要があると感じました。

 

そこで試してみたのが「敷パッド」です。

 

敷パッドのメリット

良い点

 

「敷パッド」というのは、簡単に言えば「機能性シーツ」です。

  1. 取り外しが簡単
  2. 洗ってもすぐに乾く(速乾)

という特徴を持っています。

 

取り外しが簡単

従来のシーツとは違って、四隅が覆われていないので取り外しが非常に簡単です。
まったくのストレスを感じません!

 

私が使っている敷パッドは四隅にゴムひもが付いているので、それをサッとひっかけるだけ

 

これを使い始めてから、シーツに「四隅のタルミ」なんか必要なかったんだ!
と気づかされました。

 

従来の四隅のタルミがあるものを使っている方は、色々なところで手間が発生していると思います。

 

洗ってもすぐに乾く(速乾)

四隅もないですし、さらに生地にハイテク繊維が使われているので、本当にすぐに乾きます

 

夏なら1時間。
冬でも晴れた日なら3時間あれば完全に乾きます。

 

私たち夫婦は二人とも、シーツをこの敷パッドに切り替えてから、こまめに週一で丸洗いしています。

 

夏だけ敷パッドを使っているという方もいると思いますが、上記のメリットが手放せないので私たちは1年中使っていますよ。
本当に便利でお勧めです。

 

値段が安い!

お値段は980円から3980円くらいで種類も豊富です。

 

私は2980円くらいの「クールプラス」という敷パッドを購入して1年間ずっと使っていますが、あと2〜3年は使える耐久性は備えているようです。

 

コスパと機能性を考えれば、かなりお勧めです。
楽天の色々なショップで売られていますので、送料等も含めて検討してみてください!

 

クールプラス(楽天)はこちら!

 

まとめ

「シーツは綿(コットン)でなければダメじゃないの?」
「シーツはこういうものでないと!」

 

というような従来からの習慣やコダワリといったものは当然あると思います。

 

ですが、カビ対策として頻繁に布団を干したりシーツを洗うことを習慣化するためには、面倒な点があると絶対に続かないと体験から思います。
敷パッドはその点で本当に便利なので、ぜひ一度お試しください!

スポンサード リンク